坂本龍馬の師、勝海舟。伝説の神奈川台場は、彼の設計により築造されました。
						幕府の命により神奈川宿付近の海岸警備を担当していた伊予松山藩は、横浜が開港した1859年、神奈川猟師町の海面に砲台場を築造する工事に着手しました。
						設計を行ったのは、幕末の時代にあって海外の事情や海防にも通じていた勝海舟でした。
						本格的な石積みを土台とする、独特の形状を持つ神奈川台場は、藩財政約1年分の経費を投じ、横浜開港の翌年1860年に見事完成したのです。
						この伝説の神奈川台場は、一度も実戦には使用されず、諸外国の外交団や貴賓が港に到着した際に祝砲を放つ台場として活用され、まさにお祝いの象徴の台場となったのです。
						明治32年、その役割を終えた伝説の神奈川台場は、近隣の埋め立てなどにより現在ではその姿を確認することはできません。
						しかし、開港当時のおよそ150年前の姿そのままに、ほぼ完璧な形で地下に埋蔵されており、勝海舟が生きた時代の貴重な遺構として、現在注目を集めています。
神奈川台場地図(明治7年~調査「横浜実測図」内務省)
Sanyo Bussan Corp. © 2010 All rights reserved.