現在の神奈川台場
約40年に渡り祝砲を放ち続けた神奈川台場は、外国人居留地が廃止された1899年(明治32年)、
							その役目を終えます。その後、埋めたてにより姿を消した神奈川台場ですが、近年の調査で、ほぼそのままの形で地中に現存していることが明らかになりました。
							勝海舟が設計した、近代横浜のルーツとも言える貴重な遺構です。日本が国際化を果たした際の重要な史跡としても、後世に語り継いでいくべきものと考えています。
平成22年現在の神奈川台場周辺
明治7年~調査「横浜実測図」内務省 神奈川台場 明治中期の古写真 (山本博士蔵) 「横濱」2004年夏号より
Sanyo Bussan Corp. © 2010 All rights reserved.