台場の跡地散策
現在、神奈川台場の大部分は地下に埋もれていますが、
二か所で、わずかながら石垣露出部分を見ることができます。
  1. 神奈川台場公園付近
  2. コットンハーバー地区 星野町公園
    (横浜駅東口より、横浜市営バス48系統「コットンハーバー行き」で約10分、 「星野町公園前」下車。)
星野町公園と、神奈川台場公園には、詳細な案内看板が設置されております。
▲赤い点線部分が、二か所の石垣露出部分をめぐる徒歩ルートです。
▲赤い点線部分が、二か所の石垣露出部分をめぐる徒歩ルートです。
(クリックで拡大画像を表示されます。)
神奈川台場公園付近
クリックで拡大
クリックで拡大 クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大 クリックで拡大
コットンハーバー地区
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
神奈川台場跡地付近(上空)より象の鼻、山下公園方面を望む
台場は、象の鼻方向を向いて築造されました。
台場は、象の鼻方向を向いて築造されました。
勝サブレは、星野町公園横「プラザ栄光コットンハーバー店」でもお買い求め頂けます。散策のお土産にぜひ。
Sanyo Bussan Corp. © 2010 All rights reserved.